[PARC7:とおくのことを考える] 開催決定!2017年9月22日〜9月28日

8/27/2017

 

Public Art Research Center[PARC](パーク)は、1⽇約7万⼈が通る地下歩⾏空間の広場を舞台に、現代のパブリックアートとパブリックスペースを多⾓的に研究するアートプロジェクトです。

PARC7のテーマは「とおくのことを考える」
遠さは距離や時間、環境の違いなど⼈によって捉え⽅は様々です。3組のアーティストに、想像⼒を喚起し考えるきっかけとなる作品を展開してもらうことで、⾃分と遠くはなれたことを想像することの困難さやもどかしさについて考察します。

遠い土地、知らない人々、未来や過去、自分とは違う環境や立場を想像すること。対話し、共に考え、何かを作る時間と空間を共有すること。それが利己的に分断されつつある社会のなかで、可能性をきりひらく一つの指針になると私たちは考えます。

PARC恒例のDIYワークショップを行うほか、9月24日は鑑賞ワークショッップ「『わからない…!』そこからはじめるアート鑑賞」を実施します。自分たちの疑問や直感をもとに、参加者同士でコミュニケーションしながら、現代アートを鑑賞する面白さを体験できるプログラムです。どちらのワークショップも子供から大人までご参加いただけます。7日間、チ・カ・ホが想像力を引き出す創造的な空間へと変貌するでしょう。
 
PARC7についての詳しい内容は、PARCのFacebookやPROJECTA・まちづくり会社のホームページにて公開していきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Public Art Research Center 7 [PARC7:とおくのことを考える]

⽇時|2017 年9 ⽉22 ⽇(⾦)〜9 ⽉28 ⽇(⽊)12:00〜18:00 
会場|札幌駅前通地下歩⾏空間(チ・カ・ホ)|憩いの空間、北3条交差点広場(⻄) 
出展作家|小林耕平、照屋勇賢、山下麻衣+小林直人
講師|岡崎大輔(京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター)
主催|札幌駅前通まちづくり株式会社  
共同企画|⼀般社団法⼈PROJECTA

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■作品展示
日時|9 ⽉22 ⽇(⾦)〜28 ⽇(⽊)12:00〜18:00
会場|憩いの空間
出展作家|小林耕平、照屋勇賢、山下麻衣+小林直人

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■鑑賞ワークショップ
「『わからない…!』そこからはじめるアート鑑賞」 
日時|9 ⽉24日 (日) 13:00〜16:00
会場|北3条交差点広場(⻄)
講師|岡崎大輔(京都造形芸術大学アート・コミュニケーション研究センター)
参加費|無料
定員|30名程度 ※要予約、メールかWEBで事前にご予約ください。

「これってアートなの?」と思ってしまうこともある現代アート作品。今回は対話型鑑賞プログラムACOP(http://www.acop.jp)をもとに、現代アート作品を子供から大人までみんなで楽しく鑑賞します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■DIYワークショップ
日時|9 ⽉22 ⽇(⾦)〜28 ⽇(⽊)12:00〜18:00
時間|①12:30-14:00 ②14:30-16:00 ③16:30-18:00
会場|憩いの空間
材料費|1000円〜(つくるものによる)
定員|各回先着2名 ※要予約、メールかWEBで事前にご予約ください。

木材でイスなどを作ることができるワークショップです。スタッフが木材や道具の扱い方など丁寧にお教えしますので、初心者の方でも安心してご参加いただけます。(要予約)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■リサーチセンター
日時|9 ⽉22 ⽇(⾦)〜28 ⽇(⽊)12:00〜18:00

国内外のパブリックアートの調査を行い、パブリックアートの変遷、パブリックスペース、現代のパブリックアートに関する資料の収集と展示を行います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■オープニングパーティ
日時|9 ⽉22 ⽇(⾦)19:00〜20:30
会場|テラス計画 (札幌市中央区北2条西4丁目 赤れんが テラス5階)
参加費|無料
出展作家によるアーティストトークを予定。

Please reload

Featured Posts

今年もシンクスクールがアートステージへ出張します!!

November 8, 2019

1/2
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive